皆さんはIPO株って知っていますか?これは株初心者にも非常にオススメできる銘柄であり、簡単に儲けることができます。

証券
News
    グラフ

    IPO株の始め方

    IPOという言葉をご存知ですか。
    Initial Public Offeringの略語で、平たく言えば「新規公開株」の事です。
    通常の株式は証券口座を持っていれば購入することができますが、未公開株を含めIPO株は誰でも購入できるという訳ではありません。

    まず証券会社のHPなどから「ブックビルディング(需要申告)」というものに参加します。
    その後、申込株数や単価などを入力し、抽選結果を待ちます。
    店頭配分や色々と他の手法もありますが、基本的に抽選等で当選した人以外は購入することができないのです。

    抽選確率はそこまで高いものではないですが、当選した場合はまず購入意思を証券会社で登録し、上場日を待ちます。
    銘柄にもよりますが、概ね取得金額より高値が上場日の金額となります。
    1000円で買ったIPO株が上場初日に1500円の値を付け、その金額で売れば500円×購入株数が儲けとなります。

    もちろん購入したい銘柄は自分で選ぶことができるので、上場日に高値が付きそうな銘柄や低値になりそうな銘柄は事前にネットで調べてできるだけリスクは減らしておきましょう。
    値上がり確実な銘柄はプラチナチケット等と呼ばれており当選確率もかなり低くなりますが、当たった時の値上がり率もすごく、中には一撃で50万円儲かった等の話もよく聞きます。

    IPO株は上場初日の値が付いた瞬間に売却するのが通例ですが、勿論将来有望と思えばそのまま保持しておくこともできます。
    この様にIPO株はローリスクハイリターンの投資法として、近年人気になっています。
    資金も10万円前後から挑戦できますので、これを機に始めてみては如何でしょうか。

    初心者は投資顧問に相談?

    IPO株で儲けようかという方が増えていますが、新規上場の銘柄の分析をするには素人では難しい部分もあります。
    考えている企業の未公開株がブックビルディングした時点でいくらの初値をつけるかについて分析するには、専門家である投資顧問に相談をしたほうが良いでしょう。

    既に株式市場に上場している銘柄ならともかく、これから上場する未公開株ですからそもそも上場が出来るかから判断が必要です。
    証券会社の営業トークだけで判断するのではなく、自分なりに分析することと投資顧問のような第三者の助言を参考にしつつ進めていくのも良いでしょう。

    一般的に未公開株の方が通常の株式より高いキャピタルゲインを取得はできますが、ハイリスクハイリターンの投資であるのは間違いありません。
    市場の動向だけではなく、経済環境の変化や上場しようとしている企業のビジネスモデル分析等の細部にまで分析を行ってから投資の実施をしていく必要があります。
    需要の多い業種や大規模イベントに関する銘柄の企業であっても、企業経営に問題があっては上場をすることは出来ません。
    未公開株の営業マンは、ファンドを売るのが仕事ですから、良い表現ばかり使う傾向にあります。

    投資顧問はその道のプロでもあるので顧客目線で物事を考えてくれるでしょうが、ネット上での投資顧問の悪評も多く見かけます。
    投資顧問を利用したとしても確実に儲けれるということではありませんが、複数のサイトを調べて悪評が多い投資顧問は利用するべきではないでしょう。

    投資信託に手を出している初心者は投資信託を解約した方がいいこともあります。
    投資顧問に解約を勧められることもありますのであらかじめ投資信託解約のススメなどで解約についてを知っておくことも必要です。

    始める時はまず証券会社選びにこだわろう

    IPOが浸透してきたこともあり最近では中小企業やベンチャー企業でも上場できるような仕組みになっているため、多い時は年間で100社程度が上場します。
    その中から数社でも当選すれば、大きな利益になるため、株取引の中でもIPO投資家が増えてきています。

    IPOは幹事となる証券会社に割り当てられるため、幹事になっていない証券会社はIPOの申込みができません。
    また幹事の中で上場準備の中心的役割を担う主幹事は1社だけです。
    その主幹事であれば売出株数の7割から9割程度が割り当てられ、残りを複数の幹事となる証券会社に割り当てられるので、主幹事を積極的に行っている証券会社は売出株数が多くなります。

    ただし、大手証券会社が主幹事になると多くの投資家が口座を保有していたり、資本のある投資家が大口の申込みをすることで、IPOの申込み数もかなり多くなってしまうため売出株数が多くても、当選確率が高いとはいえません。
    IPO投資家は少なくとも幹事に積極的な複数の証券会社の口座を保有して、保有している全ての証券会社で申込みをすることで、当選確率を上げるようにしています。

    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ